konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Thanksgiving Dinner

こちらに家族のいない留学生にもアメリカのサンクスギビング・ディナーを、ということで、近所のフルブライト奨学生とともに、 ボストン在住の先輩フルブライターの自宅にご招待いただいた。知らされた住所はCopley Placeといって、 どう見てもボストン最高級のショッピング街のど真ん中。一体どんなお金持ちだ、と恐る恐るドアをノックしてみると・・・。

出迎えてくれたのは、真っ赤な服に身を包んだ、なんか魔女みたいな(失敬)初老の淑女。

「Oh~~~、いらっしゃいいらっしゃい、もう4人来るからちょっと待っててね。 シェフを呼んでとびきりのTurkey料理してるから楽しみにね。ラクにしてちょうだいね。東京には1年半いたけどいい所ね。 ところで何勉強してるの? MBA? あらそう~♪」

すごいよくしゃべる人だ。部屋には絵が飾られ、窓の下にはボストンの街並みが一望。

どんな人なんだろう、と話を聞いていると、専門はメンタルヘルスケア。フルブライトでイタリアに行って博士号をとった後、 企業の産業医とか職場の保険についてアドバイスするコンサルティング会社を開業してるらしい。Fulbright Specialistといって、 高い専門性を持っているが時間単価も高いアメリカ人プロフェッショナルを海外に送って受け入れ側にフルブライト基金が資金援助するという仕組みがあり、 それで日本や香港など各地で仕事して回っているのだとか。

フルブライト上院議員もよく知ってるわよ、 いい男だったわね~」 見かけよりも随分お年のよう。

若干おくれて他の学生達も到着、ボストン地域のフルブライター集会は何度もやってるのに、またも初めて会う面々。 皆ハーバードだが分野は法律、アジア史、医療のクオリティマネジメントとこれまた多様。

食事をおいしくいただきながら、話をする(というか聞く)。ニューイングランドの歴史、Thanksgivingの歴史、 お決まりのブッシュ非難、等々話題は尽きない。

ハーバードとMITの学生の自殺率の高さが相当問題になっているらしく、アドバイスを求められることも多いのだとか。 「ハーバードにはフルタイムの心理カウンセラーが20人もいるのよ~♪」って、そりゃ確かにすごい。また、学部生が新歓で大量に飲まされ、 救急車で運ばれながら急性アルコール中毒で死亡、というのが最近の大問題だそうな。そんなの日本だけかと思ってた。

アメリカをよりよく知るためのアドバイスは、との問いに、「教育のボストン、ビジネスのNY、政治のワシントンに、 それぞれ数年は住みなさい」との答え。道は長い。西海岸は? と思ったら、「あんな思想の無い所には住まなくていい」だって・・・ それでもこの季節になると相当うらやましい。いわゆる東のアメリカ人知識層の価値観、を垣間見た気がしてなかなか新鮮。

サイズ変更2005-11-24 001

食事もおいしかったし、お世話になりました。僕がコンサルタントと知って、 フォーカスグループインタビューの手法をこんど教えて欲しい、てな話になってたり。Let's keep in touch!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アングラは、fraternityとかいって、寮とかだと大抵タテ社会があるらしいよ。
アングラみてると、野蛮人にしか見えないよな。

エースケ | URL | 2005-11-28(Mon)06:33 [編集]


そうそう、女子版タテ社会もあるよな。僕はアングラみてると、若くてうらやましい・・・。

konpe | URL | 2005-11-29(Tue)04:51 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。