konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フルブライトオリエンテーション@NY

待ちに待ったビザが来た。学校が始まるのは来週からだけど、その前にここ、ニューヨークで、 世界中からFulbrighterとして集まった各分野・各大学の留学生のオリエンテーションに参加することになっていた。

このオリエンテーション、英語の語学研修も兼ねながら「世界平和のための人物交流」というフルブライトの精神を叩き込んだうえ、 アメリカ現代社会の諸問題についての講義やパネル討論、大学院生のサバイバルスキル、 SSN取得やら銀行口座開設のTipsにいたるまで盛り沢山の内容。例年、場所を変えて何度か行われ、 ワシントンDCで参加した先輩は連邦議会を見せてもらったり刑務所を案内されたりと、「普段は見れないアメリカ」 を知る機会としても貴重だった、と聞いていた・・・のだが。

僕が参加するのは語学研修無し・3日間の短縮版。日本人はだいたい3週間コースに行くというのに、 TOEFLの点数か何かで英語ができる人と誤解されたらしい。ダメだっつーのに。しかも、ビザが遅れて、途中参加。

フルブライト奨学生になると、通常のF-1ビザと違う種類のビザ(J-1 Government-sponsored)を、 違う書類を出して申請する必要がある。いちどF-1を取ってしまっていたのが悪かったのか、 企業派遣とのコストシェアというスキームが例外的なのか、アメリカから書類が来るのが遅い遅い。書類が揃った後は、 予約いっぱいの大使館面接をなぜかスンナリ受けられたり、いつビザを受領しても即日移動できるように協賛スポンサーのUnited Airlineの席が毎日手配されていたりと威力を発揮するのだけれど、それでも2日目の夜に到着って、明日1日しか残ってないじゃないか・ ・・。

その上、2日目も夜のアクティビティくらいはと思っていたら、1日目に遊びすぎたのか、今日は夜は部屋でおとなしくする日らしい。 親睦を深めるオリエンテーションの趣旨にそって、ホテルは2人部屋で取ってある。

同室にいるのはスイスから来たNathi君。「Information Science」をやるというので理系かと思ったら、 Librarianの学問なのだとか。慶應でいう文学部図書館情報学科という奴だな。しかも、学部時代は農学をやっていて、 デジタル時代の農業知識の作り方・使い方に思うところあっての方向転換なのだとか。面白い。

僕も専攻を聞かれ、「ややこしいのだけど」と前置きしつつ説明してみると、「なんでPh.Dでやんないの」と真顔でツッコミ。そ、 そりゃそうかもしれないけど、と言おうとしたが、彼みたいに大胆に方向転換しない言い訳のような気がしてやめた。

Nathi君は寝てしまったが、やはりというか、僕は時差ボケで全然眠くない。明日大丈夫かなあ・・・。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。