konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大丈夫かグラミン

しばらく間が空きました。最近は本業が結構大変ですが、バングラ方面も日夜(というか、夜な夜な)推進しております。

日本側は誰とどうやっていくか、という話が多少なりとも進みつつある一方で、現地側のパートナー候補の近況を見ていると、なんだかグラミン銀行の様子がおかしい。以下は、「貧困層の女性でも返済率99%!」と、ずっとユヌス総裁が売りにしてきたはずの数字が、最近になって落ちている、というグラフ。

Collection

(ご関心のある方は、Center for Global Developmentのブログに詳しい分析)

折りしも、公開情報からなかなか把握しづらい個別のマイクロファイナンス機関(MFI)の実情について、世界標準の調査システムを築こうとしている慎さん(提言記事)に縁あってお話を聞く機会があった。市中の金融機関がこぞってマイクロファイナンス・ファンドへの投資をすすめるなか、まさにリーマンショックが示したとおり、マイクロファイナンスは世界経済(というか先進国のパフォーマンス)との相関がきわめて低いLowβの投資先。そんなMFIの信用情報がコスト高であることが、大手のMFIへの投資偏重、競争の阻害、ひいてはpredatory lending(借り手のためにならない条件での過剰な貸し出し)を招く、それを避けるためにコスト競争力がきわめて高いMFI調査システムをつくりたい、というのが、昼は投資銀行に勤める彼の「夜仕事」。

グラミン銀行についてもさすがに詳しくて、いろんな話をきく。ユヌス総裁はじつに偉大だけれど、組織の中にナンバー2、ナンバー3を育てて持続可能かつスケーラブルな事業体を築く、という点ではBracがずっと優れているのかも、という感触は、僕も現地訪問の際に強く感じたところだった。事業の規模が大きくなり、カリスマの目が細部に行き届かない中でも下々が号令に従って走るしかない組織と、経営の仕組みが個々人の自主性を引き出しつつも、共有されたミッションが高い次元で構成員を律する組織。ユヌス総裁に近しい人達からは、「グラミンも創業時は後者だったのだけど、、」みたいな話も聞いた。

(トヨタ頑張れ、というのと同じ気持ちで)グラミン頑張れと念じつつ、今日も夜は更ける。。。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。