konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

問いと答え:ベルリンにて

ドイツのベルリンに来ています。

コソボのミトロヴィッツァとかマケドニアのスコピエに限らず、 バルカンや東欧には民族宗教思想で分断された街というのが沢山あるけれど、無事統合された街、というのはあまり聞かない(Frozen conflictというのは多くて、ミトロヴィツァがそうならないために今の仕事をしているともいえる)。 ベルリンの分断はぜんぜん事情が違うとはいえ、統合されてこうも繁栄している街がここにある、というのはたいへん励みになる。

IMGP1147

友達がだれもいない街を旅するのは、考えてみたらとても久しぶりだ。こないだのブルガリアの時みたいに案内してもらいつつ話を聞き、 国・地域の歴史と街の歴史と個人の歴史が重なり合う面白さを知ってしまうと、 どうもガイドブックなんかを買って既定のコース巡りをする旅には興味が薄れてしまう(それはそれで、 観光業界の努力と観光客の反応が相俟って街が変化してきた様とか、Lonely Planetと地球の歩き方の大きなズレとか、 そういうのが面白い場合もあるが。とくに途上国の場合は観光開発に示唆が得られることもある)。

なので、今回はアポが入っている時間帯以外はなにも計画を立てず、なんとなく目立つランドマークをみながら歩き回って、 約束の時間が近づいたらタクシーに乗ってしまい、そのあとはそこからまた適当に歩く、という動き方をしていた。

IMGP1149

ここはモスクワなんですか、上海なんですか、それともサラエボですか、みたいな不思議な風景。

IMGP1151

あーっ。MIT! 微妙に違うけどすごいMITっぽい! ひとりで思わず興奮。つい3ヶ月前までそこにいたのに、 懐かしくて泣きそうになる。

 IMGP1141-1 IMGP1142-1

ベルリン工科大。ひー、懐かしいよー。(←まだ言ってる)

IMGP1156

世界最大の消費者エレクトロニクス展、IFAがちょうどベルリンで開催中。 メーカーが巨大流通に利幅をほとんど吸われてしまう北米市場と違って、 国毎のマーケティングをきめ細かくやればちゃんとお金を払ってもらえる欧州市場では、 こういうイベントの一次情報が媒体とか店頭展示に波及して、けっこう効くのだよなあ、と、昔の仕事をちょっと思い出す。 最大の展示スペースを競うのは、やはりというか、ソニー、パナソニック、サムソンだった。

IMGP1158

ちょっとクリエイティブな白物屋(芋洗い洗濯機とか)だと思っていたハイアールも、 いつのまにか黒物スペースで幅を利かせていたりする。

おもしろかったのは、中国、韓国勢が展示スペースの洗練度とか品物の質とかではもう欧州勢とほぼ互角に見える一方で、 日本勢は単なる製品の展示じゃなく、けっこう力を入れてライフスタイルみたいな上位の価値を訴求しようとしていたところ。 例えばソニーのスペースは、人が商品の前を歩いて通り過ぎる普通の設計ではなくて、 みんなが集まって地べたに座り込むのに心地よい作りになっている。映像と音響で四方を囲み、 真ん中のステージでなんだか有名らしいミュージシャンが歌ってたりして、 イベントの合間には巨大座り込みスペースに点在してる商品の前でお客さんが遊ぶ、というしくみ。 集客数も滞在時間もどこのブースよりも明らかに突出していて、 しかも配られているソニーのロゴ入りの大きな紙袋をみんな会場中で持ち歩くので露出も高い。これは立派だなあ、誰が考えたのかなあ。

IMGP1154

いっぽうパナソニックは、90周年だというので社史とか、CSRとかエコとかについても結構スペースを割いて広報している。思えば、 創業者の言った「社会の公器」はCSRという言葉をアメリカが発明するよりずっと先にやっている元祖CSRであるし、「水道哲学」 は今風にいえば、民間セクター主導の貧困削減そのものだ。僕にとってはトヨタと並んで尊敬する会社なので頑張ってほしいのだけれど、 IFAでのこのCSRメッセージは果たしてどう受け取られたのだろう。こういう実直な見せ方はある意味とてもこの会社らしいところ。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。