konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近隣国行脚

コソボから懐かしのマケドニア、そしてアルバニア、ブルガリアと、近隣諸国を行ったり来たりしてます。人をつなげたり、 ネタを仕入れたり提供したり、案件を詰めたり昔話をフォローアップしたり、飲んだり食べたり踊ったり。

 alb

一昨年は接近しつつも超えられなかった国境を今回は越えて、 やっと足を踏み入れたアルバニア! KSGのクラスメートのアルバニア人女子Sが帰国していて、早速案内してもらう。 卒業後はどうするのだろうと思っていたら、コソボのICOの経済財政部門からつい最近オファーが出たという。 それって僕のやってることの続きじゃんか。安心して去れるので、取り敢えず喜んで祝杯。

tirana

首都ティラナは不動産投資ブームみたいになっていて、新しい建物にも古い建物にも、やたらパステルカラーな色使いが目立つ。 旧共産主義の陰鬱なイメージを刷新したい新市長の好みなのだとか。

 church1 church2

コソボではアルバニア系住民から目の敵みたいにされ、破壊されまくっているセルビア正教の教会が、 アルバニア本国では後生大事に保存されていたり。なんだかおかしいですよね。

street

ティラナから南へ2時間ばかり足を伸ばすと、つい数ヶ月前にユネスコの世界遺産に指定されたばかりの小さな街が。 まだ観光開発が始まったばかりでナビゲーションに難ありまくりではあるが、ギリシャのミコノス島を思い出させる白い石造りの町並み (山肌沿いに綺麗に立ち並んでいて「千の窓」と呼ばれている)、古い教会とか博物館とか見所も多く、 首都から日帰りで来れることもありポテンシャルは大。

restaurant

昔マケドニアのUNDPで大変お世話になった副所長氏が、 今はアルバニアのUNDPにカントリーディレクターとして移ってこられていて、またも大変お世話になる。 ティラナで一番しっかりしてるという中華のお店にお連れいただく。たしかに、このクオリティのお店はコソボにもマケドニアにも無いよなあ。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。