konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コソボ背景3-ICO/EUSRという組織

所用で日本から国際電話をもらい、ひさびさに日本語を話す。携帯にかけてもらったのだけど、開口一番「konpeさんー、 なんで国番号がモナコ(+377)なんですか??」とのご質問。とても、ごもっとも。

コソボは、誰もが認める独立国じゃないので、まだ自前の国番号がもらえてないのです。紛争前はセルビアの国番号(+381) だったのだけど、2000年に国連の暫定統治下に入ってからというものセルビアからバックボーン回線を切られてしまい、 こまって相互接続してくれるところを募ったら、モナコの電話会社がきてくれた、ということらしい。そんな訳で、 コソボでは国内電話も物理的にはすべてモナコ経由だそう(だから料金もちょっと高い)。

こういう話は他にもいくらでもあって、 たとえば空港の管制塔の運営というのは国際的に承認された政府が世界の基準にのっとって行うことになっている (日本だったら国土交通省の管轄、とか)。コソボは独立国じゃなかったので、しょうがないから代わりに引き受けてくれる国を募ったら、 フィンランドの政府がきてくれた。そんな訳で、プリシュティナ(コソボの首都の名前)空港に飛行機でいらっしゃる方は、 フィンランド人の指図で着陸することになります。

そして、ややこしいのは前回書いた通り、半分コソボ、半分実質的にセルビア状態になっているミトロヴィッツァ。橋を渡って北に行くと、 だんだんモナコ番号の携帯は電波が通じなくなり、代わりにセルビアの携帯が使えるようになります。南で流通している通貨はユーロですが、 北にいくとディナール(セルビア通貨)が使われてます。車のナンバーも、もともと北に住んでる人はセルビアナンバーですが、 南からコソボナンバーの車で橋を渡ろうとすると目をつけられるので避けたほうが無難。ICOの公用車はEUナンバーですが、 これは更に危ない。国連の公用車(UNナンバー)なら堂々と北に入れます。 現地の人が南から車で行く時はナンバープレートを外して入っていたりして、おいおい、と思いますが、 北側ではナンバー無しの車をつかまえるような警察もとくに機能していないので大丈夫(いや、あんまり大丈夫じゃない)

phones

そんな事情で、セルビア番号の携帯、モナコ番号の携帯の両方を持ち歩くはめに。さらに右のごっついのは緊急連絡用の自前網無線機です。 幸い、まだお世話になったことありません。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。