konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅の終わりと始まり

中東からボストンに無事戻りました。一部の皆様、ご心配をおかけしまして、すみません。

そして戻った矢先にベイルート郊外で自爆未遂? のニュースが・・・ひゃー、これ僕らが1週間前にいた難民キャンプじゃんか。 ボストンには交差点にいちいち銃をもった兵隊さんがいないとか、道にチェックポイントがないとか、駐車場に戦車とか止まってないとか、 そういう当たり前に平和な様が、なんとなく新鮮に感じられます。

2週間をつうじて改めて痛感したのは、これまでの自分の軍事とか安全保障みたいなトピックについての感度の低さ。 そういう話題は自分の仕事と直接は何の関係もないし、積極的に関わりたくもないし、そもそも日本って(良くも悪くも) アメリカに守ってもらってるおかげで考えずに済んできたのだし、そっちへの気配りを止めて国の資源の大半(金銭的、人命的負担だけじゃなく、 アテンション、創意工夫)を経済活動に振り向けてこれたからこそ今の日本があるのだし・・・と思っていた。 その世界観は大筋のところ今も変わっていない。が、課題の所在と構造その規模感なり難しさ、 および事態の展開次第での自分の分野への波及効果、みたいなことは一般常識レベルで知っておくべきなのに、 自分にとっては思考の空白地帯になっている、という気付きがあった。

今回の企画に参加した40名は、企画の趣旨上、紛争解決、平和構築、イスラム政治、等々のエキスパートが多い。 軍とかFBIとか人道支援機関出身者に加えて、ユダヤ系で自分のルーツを問い直しに来た人、 中東ビジネスにキャリアをコミットしようとしてる人など諸々。参加者の中であきらかにいちばん無知でナイーブな自分は、 あたらしい友達から学ぶところも非常に大きかった。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。