konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グローバリゼーションとロボット

突然だが、自分はロボット好きである。一連のロボット記事にあるとおり一時は活発にいろいろやっていたし、 このブログのトップの右上にロボットがいるのも、ケネディスクールに行くようになってからもタイトルが「MIT Life」のままなのも、 それなりの思い入れがあるからなのだ。

日本の自動車とか家電の世界で培われてきた、センサ・アクチュエータ、メカトロ・組み込みシステム、小型・軽量・省エネ、安心・安全、 といった諸々の技術および技術思想、また作り込み・すり合わせの組織能力は、いまだに世界最強の製造装置、産業ロボットや一部産業素材 (カーボンファイバーとか)と結びついて将来かならず民生ロボットで花開くとおもっている。 人が人型の人工物を創造することが宗教的抵抗感や怖れに結びつく欧米と違って、鉄人28号、アトム、ドラえもん、 コロ助で育った日本人は心の準備(というか開発者の熱意)があって、出発点から優位に立っている。韓国、台湾も最近はがんばっているが、 少子高齢の課題先進国の日本は、(幸か不幸か)介護・家事の国内先行需要では絶対に負けない。 経産省にロボット課長さんがいらっしゃるくらいで、産官学コラボにも余念がない。こんなダイヤモンドの諸条件が揃ったからにはポーター御大のクラスター論の出番!  というか、既に日本中(大阪 名古屋 福岡など)にロボットクラスター形成の努力は見られる。

・・・のだが、最近どうも雲行きがあやしい。いや日本のロボット産業が、ではなくて僕のロボット産業応援気分がである。 日本の製造業とイノベーション、という留学開始当初の問題意識が、より広くて複雑な背景のなかに位置づけなおしてずいぶん変わってきた、 というのは前のヨコの振り返り記事に書いたとおり。 それはそれとしてロボットは追い続けるだろうと思っていたのが、容赦なく世界観の変容を迫る学びの波が、 とうとうその足場を洗うところまで来てしまったのだろうか・・・。以下、サマーズ教授とプリチェット教授の漫才授業「グローバリゼーション」 より。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。