konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

修羅場リーダーシップ

回を重ねるごとに議論が深まっていくディーン・ウィリアムズ教授の異文化リーダーシップ授業。 先週のお題は「クライシス・チャレンジ」。

ハイフェッツの続編・応用編ともいえるこの授業は、世界の歴史とか映画とか神話とか各人の小咄を題材にしながら「適応的課題」 (ハイフェッツ用語:既存の知識では解決できない、社会や組織の学習と適応を必要とする課題)を6つの典型的なパターンに分類し、 パターン毎に課題の本質を分析して取るべきアクションを一般化する、というアプローチで進めている。 課題のフレームワークは以下のようなもの。

1)アクティビスト・チャレンジ:皆がうすうす気付きながらも目を背けたいような、環境変化にともなって発生した難問。 皆を問題に正面から向き合わせないとそもそも問題解決が始まらず、放っておくと人々は逃避行動(問題の否定・すり替え、スケープゴート、 外敵の創出、権威に対する攻撃、等々)に走るばかり。でも下手に問題の所在を口に出せば(問題そのものでなく)「自分」 に注目が集まり攻撃の対象にされるので危険、みたいな状況。中国勢にやられて赤字垂れ流しの事業部の人達に「この事業って再建不能では?」 とか。

2)能力開発チャレンジ:新たな脅威に立ち向かう、あるいは新たな機会をとらまえるために、組織なり社会にあたらしい能力 (capacity)とかプロセスとか組織構造を生み出さなければならない。 オーナーシップある試行錯誤を通じた学習が起きなければいけないが、皆は権威に依存して、なんとかしてくれることを望んでいる、 みたいな状況。 世銀やIMFが途上国政府に向き合うとしばしばこうなる、とか。

3)移行期のチャレンジ:価値体系の一部を修正して新しい時代に船出しなければならない状況。上の能力開発と一見似ているが、 問題になるのはcapacityのなさではなく、古い価値観への固執とか郷愁とか喪失への不安からくる抵抗。 「宝石でできた鎖で足を縛られて、宝石を壊さないと歩き出せない」人達を、どうしたら新天地を目指す船に乗せられるか。 日本にとってのグローバリゼーションとか?

4)防衛・維持のチャレンジ:資金、政治力、精神的持続力その他のリソースが底をつき、 人々を結びつけていたはずの共通目的や価値信条が摩滅、みたいな八方塞がりの状況。コミットメントが落ちて逃亡したり、 諦めて死を待つしかないと諦めたりする人達に、どうしたら希望の火を灯せるか。 アウシュビッツとかシベリア帰還とかエベレスト登山とかカリスマ創業者死去とか。

5)創造的チャレンジ:過去に例のない飛躍的な仕事、ブレークスルーを成し遂げなければならない状況。 いかに異質なもののぶつかり合いからクリエイティビティが発現する場をつくり、権威者が「自分が唯一解を持っている」 と思い込み場を制圧して皆の創造性を奪ってしまう危険を抑え、集団として生みの苦しみに耐え、 短期的な時間と労力の無駄に対する糾弾から重要な仕事を守りきるか。

6)クライシス・チャレンジ:内外からの脅威で集団の生存が脅かされる状況。防衛・維持と一見似ているが、 じりじり朽ちていくのではなく不測かつ緊急の事態で、能力開発とも似ているが試行錯誤している暇がない。皆が不安にさいなまれ、 近視眼的思考、生存のための攻撃性が支配的になる中で、いかに暴発を抑え、わずかでもクールダウンするスペースを作り、防衛・維持、 能力開発、創造のためのあらゆる代替案を集団から引き出すか。

成功例、失敗例を対比して、行動指針を引き出していく。結果を単純に個人の資質やスタイル、能力に帰着するのではなくて (それをやると行動指針が出ない)、状況・背景、各プレーヤーの行動、人々の反応、 インタラクションを通じた事態の進展のしかたと要素間の因果関係をつぶさに理解する、という基本アプローチは、 ある意味ポーター御大のクラスター分析と同じ。興味のある方はウィリアムズ著:Real Leadership参照。ハイフェッツ本とちがって邦訳がありませんが、なかなか良い本です。

さて、6)のクライシス・チャレンジが一番やばそうなのはなんとなく想像がつく。これに切り込むケースその1は「東チモール」。 ウィリアムズ教授は東チモールの独立直後に初代大統領シャナナ・ グスマオのアドバイザーをやっていて、当時の状況をよーく知っている。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。