konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学ぶこと、学んでもらうこと

いやはや。早いものでもう学期末。

MITの学食に陣取り、相変わらずフル稼働のリーダーシップ授業のTA仕事 (ペーパー採点)をしていたら、夏のSTeLAの「教え子」のDに会う。参加者最年少(学部3年)のDは、 STeLAの10日間で結構な困難と向き合って、深く学んだ参加者の1人。その後どうだい、と聞いてみたら、案の定というか、 迷いは増える一方だという。

理系の専攻を決めたところだったのに、世界がこれから立ち向かうチャレンジを身をもって体験し、 政策とかビジネスの人達をはじめて生身の人間として理解し、興味は経済やら社会学やらに広がって、途方にくれる一方。 一生学生やってても足りないかもしれない。どうしてくれるのよ(笑)・・・。まだまだ若いんだからいいんじゃないか、と、 半分自分に言い聞かせる気持ちで言ってみる。君は僕がいま体験してることを10年早くやってるんだからいいほうだ。 先は長いから覚悟しとけよ、フォッフォッフォ。

自分の価値体系に他人の価値体系を重ね合わせて見ることができて、世界観が一段上がるような学びというのはどういう時に起こるのか、 ということを最近よく考える。TAの仕事では、目的の8割くらいはそこにある。人がみな、Dみたいな受容性をもっていたら、世の中さぞかし、 短期的には生産性が低く、でも長期的には適応性が高くなっていることだろう。手元のペーパーに目を戻す。学ぶまい、 と必死の抵抗を見せる学生たちとの紙面・対面の対話の軌跡がそこにある。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。