konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北米横断-1

無事、縦断・横断旅行から帰ってまいりました。いやあ、土地も人も歴史も、アメリカ再発見連続の旅でした。

問題山積ながら、この国も捨てたものではない・・・いやむしろ、自分は古き良き日本を愛するのと同じくらいに、自由、平等、多様性、 独立自尊、というもともとのアメリカ精神も好きになれるのかも、と思ってしまった8日間。

<序盤>

ボストンを出発し、バージニアのRichmond、ノースカロライナ、サウスカロライナと南下。

Richmondは南北戦争の舞台。もろもろの戦場やら博物館やらを巡りながら、同行するアメリカ人友人のうんちくを聞く。 北部の人から見ればCivil Warだが南部の人にとっては国と国の戦争、歴史の語られ方はけっこう違うが、 彼らの見方も尊重しなければいけないのだ、とはNew Jerseyっ子・Jackの弁。

アメリカが一枚岩じゃないのは今も昔も一緒、としみじみ。一同の中では最年長(47歳)のJackは、 IT企業でずっとエンジニアとして働いたあと、長年の夢をかなえて最近脱サラし、ベンチャーを始めた。 MITの$100KビジネスプランコンペがSloanの学生たちと知り合ったきっかけ。VCからお金もついて、 旅の最中にもインドに雇ったソフトウェア開発のオフショア先にメールであれこれ指示を出したりしている。大陸横断しながら第二の人生の船出。 俺の人生は誰のものでもない、俺のものだ、と目を輝かせる。んー、いいなあそういうのも。

おんぼろ車に揺られていると。「あれっ。なんか、ガソリン臭くね?」・・・そう、 本旅行のためにcraiglistで調達した20年もの・走行距離もメーターが振り切れて既に計測不能の巨大フォード車はやっぱり曲者。 排気が漏れて車内に充満、なんかいい気分なのは、昼間から酔っ払ってるせいだけじゃなくて若干中毒気味なのかも、でもやっぱり、 ヤバいよなこれは。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。