konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本観いろいろ

ボストンに来て1年半たっても、いまだに「日本を再発見」、という瞬間がたまにある。最近の目ウロコをひとつ挙げると、「じゃんけん」 は日本発、しかも世界にけっこう広まっている、という話。

これは、授業のチームプロジェクトで役割分担決めをやってて気付いたこと。アメリカではコイントスがメジャーだけど、 日本には道具を一切つかわずに瞬時に勝ち負けを決められる、しかも運だけじゃなく心理戦の要素もあって奥深いこんなゲームがあるよ、 みたいな話をしたら、みんなちゃんと知っていた。

国によって微妙にルールが違ってたりして面白い。日本だと石、ハサミ、紙(グーチョキパー)のところ、中国ではハンマー、ハサミ、 爆弾だったり(なんとも物騒)、インドネシアでは象、人、アリだったり(なんとも平和)。象は人より強く、人はアリより強く、 アリは象の耳に入ってきて象を困らせるんだそうな。

フランス人にこの話をしたら、「そうそう、フランスにもある。石と、ハサミと、紙と、井戸」・・・なぬっ。井戸??

彼のいうところによれば、井戸は石とハサミには勝つ(これらは井戸に落ちる)が、紙に負ける(井戸がふさがれる)。 紙は井戸と石に勝つが、ハサミに負ける。石とハサミは、他と違って、1つに勝って2つに負ける。むむむ・・・。 単純に確率論で言えば2つに勝つ井戸と紙が有利で、井戸より強い紙を出したくなるものの、 ゲーム理論みたいに裏読みをやるとじつに複雑な心理戦になる。なんとなく、フランスっぽい・・・。

ちなみに、Wikiによれば、 じゃんけんは江戸時代に原型が中国から伝わって日本で改良され、最近になって日本の武道・スポーツやアニメ・ 漫画の世界展開にあわせて普及したとのこと。関東の秩父地方に「井戸」を含むローカルルールがあり、 秩父の人間がフランスにじゃんけんを伝えた可能性が高い、との記述まである。しかし、メード・イン・ジャパンなのだ!  という話をしても彼は頑として信じなかった。やっぱりフランスっぽい・・・。

おなじくWikiより、「日本ではじゃんけんだけの大会など馬鹿らしくて開かれないが、 近年じゃんけんが普及した地域では新知識にたいする感動が大きく、世界大会が開かれるようになった」とのこと。世界チャンピオンのサイトには決勝戦の動画もあり、 なかなか趣き深い馬鹿らしさに関心。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。