konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マケドニア・地方巡り

あっという間にすぎた第5週目。

気が付けば、10週間の仕事もこの週末が折り返し地点。「産業育成を通じた貧困削減」のターゲット業種が3つ程にほぼ定まり、 各業界のようすがだいたい見えてきて、来週からはいよいよ事業の設計、運営体制づくりに向けた官民のパートナー候補の巻き込み、 諸々の交渉事に移ろうという段。ここらで実地を見て回って、「最終受益者」になるはずの貧困層の生活実態を目に焼き付けておくのがよかろう、 と思い立ち、週末を使って地方巡りを企画した。

バルカン地域ぐるみの事業構築を一緒に企てているセルビアの同僚Nickと、 友達のTediおよびガールフレンドのMayaにお付き合いいただく。

2006-07-24 035

車をレンタルして、ベオグラードからはるばる5時間も運転してきたNick。このなんともレトロな車はセルビアの自動車メーカー製で、 「西側諸国」ではまったく見かけないけれど、旧ユーゴの技術の結晶。

2006-07-24 001-1

そしてこのレトロな内装。エアコンは勿論、オーディオも一切ない。それでも日本車でも欧州車でもなく、 これに乗りたかったのだというNick。自分の祖国はアメリカだと言っていたけど、やはり父親の生まれ育った国には相応の想いがあるのだ。

セルビアでは、マケドニア以上に民族対立が深刻。ベオグラードのナンバーをつけた車でマケドニアに行くといったら、周り中から 「アルバニア人が住む東部の地域には近づくな」と警告されまくったという。 武装アルバニア人勢力がセルビアからの独立を目指して活動しているコソボでは、セルビアの車に乗っていたというだけで外国人を銃殺、 みたいな事件がいまだに起きる。

いっぽう、東に行こう、オフリド湖に行こう、とはしゃぎまくるTedi達。オフリド湖というのは、 お金持ちが別荘を持っていて夏休みに家族ぐるみで滞在、 そうでなくても教会がたくさんあって信心深いマケドニア正教の信者たちにとっては聖地、かつ綺麗な湖がビーチリゾートにもなっているという、 日本でいう軽井沢と京都と沖縄を足したみたいな場所。・・・・アルバニアとマケドニアの国境地帯という、若干きな臭い立地でもある。

Tedi達は、というよりマケドニア人は全般的に、「オーケー、ノープロブレム」を連発して能天気この上ない。 この車で行くのはヤだなあ、と腰が引けまくるNickもTedi達の勢いに押し切られ、結局行くことに。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。