konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Building Trust

フルブライトのイベントで、「Enrichment Seminar」なるワークショップに参加するためにシカゴに来ています。 これは、100人超のフルブライターが全米から集まって、 アメリカの社会問題について見識を深めるためにフィールドに出たり討論会をやったりという企画。時折行われているみたいですが、 今回は春休みの予定とうまく合ったので初参加。セミナーを通じて問いかけられるテーマは「Building Trust In Diversity」。

最初はなんともぼやっとしたお題だと思ったものの、なかなかどうしてよく練られた議題。人種差別、国際紛争、教育、医療、 その他もろもろの問題の背後にあるのは違う立場間の「Mistrust(疑い)、Distrust(不信)」だと課題提起して、 どうしてそれが起こるのか、どう対処できるのか考えよう、というもの。

Trustは日本人からすれば当たり前の感覚のようで、アメリカに来てみると実は当たり前でない、と気づくものの1つ。

思い起こせば、先日スキーに行った時。一緒に行った日本人同級生O氏のご子息、元気いっぱいの良太君(8歳)はもっと滑りたい、 おじさん一同はそろそろ休みたい・・・という段になり、「アメリカでは子供を一人で遊ばせた親は逮捕される」 なんて話を聞いて衝撃を受けたものだった。世の中には危険がいっぱい、子供を守るのは親の責任。12歳までは外出時には親同伴が必須、 学校には安全な送迎手段を確保しないとならず、子供だけで外にいるのを見かけたら通報することになっている、とのこと。

そう言われてみれば、子供たちだけで元気に外で遊んでる、なんて姿はアメリカの街ではまったく見ない。社会不信もここまで来ていたか。 日本も最近は物騒とはいえ、さすがに親を逮捕までしなくても・・・という感覚は、アメリカ人からすると「遅れてる」のだそうだ。 独り者としては考えたこともない視点、しかしそんな社会も如何なものか、と思っていたところだったので、いいタイミングでのお題だった。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。