konpe's 夜の仕事記

民間セクター開発、BoP、Clean Tech

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

問いと答え:ベルリンにて

ドイツのベルリンに来ています。

コソボのミトロヴィッツァとかマケドニアのスコピエに限らず、 バルカンや東欧には民族宗教思想で分断された街というのが沢山あるけれど、無事統合された街、というのはあまり聞かない(Frozen conflictというのは多くて、ミトロヴィツァがそうならないために今の仕事をしているともいえる)。 ベルリンの分断はぜんぜん事情が違うとはいえ、統合されてこうも繁栄している街がここにある、というのはたいへん励みになる。

IMGP1147

友達がだれもいない街を旅するのは、考えてみたらとても久しぶりだ。こないだのブルガリアの時みたいに案内してもらいつつ話を聞き、 国・地域の歴史と街の歴史と個人の歴史が重なり合う面白さを知ってしまうと、 どうもガイドブックなんかを買って既定のコース巡りをする旅には興味が薄れてしまう(それはそれで、 観光業界の努力と観光客の反応が相俟って街が変化してきた様とか、Lonely Planetと地球の歩き方の大きなズレとか、 そういうのが面白い場合もあるが。とくに途上国の場合は観光開発に示唆が得られることもある)。

なので、今回はアポが入っている時間帯以外はなにも計画を立てず、なんとなく目立つランドマークをみながら歩き回って、 約束の時間が近づいたらタクシーに乗ってしまい、そのあとはそこからまた適当に歩く、という動き方をしていた。

IMGP1149

ここはモスクワなんですか、上海なんですか、それともサラエボですか、みたいな不思議な風景。

IMGP1151

あーっ。MIT! 微妙に違うけどすごいMITっぽい! ひとりで思わず興奮。つい3ヶ月前までそこにいたのに、 懐かしくて泣きそうになる。

 IMGP1141-1 IMGP1142-1

ベルリン工科大。ひー、懐かしいよー。(←まだ言ってる)

IMGP1156

世界最大の消費者エレクトロニクス展、IFAがちょうどベルリンで開催中。 メーカーが巨大流通に利幅をほとんど吸われてしまう北米市場と違って、 国毎のマーケティングをきめ細かくやればちゃんとお金を払ってもらえる欧州市場では、 こういうイベントの一次情報が媒体とか店頭展示に波及して、けっこう効くのだよなあ、と、昔の仕事をちょっと思い出す。 最大の展示スペースを競うのは、やはりというか、ソニー、パナソニック、サムソンだった。

IMGP1158

ちょっとクリエイティブな白物屋(芋洗い洗濯機とか)だと思っていたハイアールも、 いつのまにか黒物スペースで幅を利かせていたりする。

おもしろかったのは、中国、韓国勢が展示スペースの洗練度とか品物の質とかではもう欧州勢とほぼ互角に見える一方で、 日本勢は単なる製品の展示じゃなく、けっこう力を入れてライフスタイルみたいな上位の価値を訴求しようとしていたところ。 例えばソニーのスペースは、人が商品の前を歩いて通り過ぎる普通の設計ではなくて、 みんなが集まって地べたに座り込むのに心地よい作りになっている。映像と音響で四方を囲み、 真ん中のステージでなんだか有名らしいミュージシャンが歌ってたりして、 イベントの合間には巨大座り込みスペースに点在してる商品の前でお客さんが遊ぶ、というしくみ。 集客数も滞在時間もどこのブースよりも明らかに突出していて、 しかも配られているソニーのロゴ入りの大きな紙袋をみんな会場中で持ち歩くので露出も高い。これは立派だなあ、誰が考えたのかなあ。

IMGP1154

いっぽうパナソニックは、90周年だというので社史とか、CSRとかエコとかについても結構スペースを割いて広報している。思えば、 創業者の言った「社会の公器」はCSRという言葉をアメリカが発明するよりずっと先にやっている元祖CSRであるし、「水道哲学」 は今風にいえば、民間セクター主導の貧困削減そのものだ。僕にとってはトヨタと並んで尊敬する会社なので頑張ってほしいのだけれど、 IFAでのこのCSRメッセージは果たしてどう受け取られたのだろう。こういう実直な見せ方はある意味とてもこの会社らしいところ。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

修論:部屋とYシャツと私

すっかり更新が滞りました。今更ながら、今年も宜しくお願いいたします。

ぜんぜん休んだ気のしない冬休みが明けて、今日から授業開始です。粒揃いの授業選択で、また濃厚な半年になる予感。 先学期でSloanの単位を取り終えたので、MITはこの冬に晴れて卒業。今期はケネディスクールです。

休んだ気がしないと書いたのは、冬のあいだじゅう、(国内外あっちこっち居候しながら)ひたすら修論を書いてたから。 こんなに沢山英語を書いたのはさすがに初めてかもしれない。キーワードは、組織学習とリーダーシップとセンサーネットワーク、 とかでしょうか・・・うーん何のこっちゃ。研究としてみたら、研究が本業の人からすると冷や汗ものの質ですが、 併せ技アプローチはそれなりにユニークなつもり。

ご興味のある向きは(→ここ)の一番下あたりをどうぞ 。M社の同僚諸氏は、2章とか読むとクライアント先(あるいは自社内?)での苦労が偲ばれるかもしれない。ハイフェッツ仲間の人達は、 3章を読むとリーダーシップ論とリーダーシップ教育論の背景知識がふえてちょっとすっきりするかもしれない。 知的協調作業支援環境とかを昔いっしょに作ってた仲間達は、4章を読むと「あーそんな着眼点の研究もあったか」 と思ってもらえるかもしれない。STeLA参加者は5、6章を読むと懐かしい(恥ずかしい?)かも・・・こういう視点で設計・実装・ 評価してたのですよ。STeLA 2008スタッフは、英語長いですが3、5、7章くらいは読んでください。次回に活かしましょう。 Sensible Organizations諸兄はぜひ通して読んでください。議論しましょう。内輪ネタばかりですみませんが、 内輪じゃない人でもこのブログに時たま書いているようなトピックに興味ある人には、多少は面白いかもしれない。 形式上は論文なので理屈っぽいですが、読書メモと夏休みの日記と随想です。

架空設定・基礎寄りな仕事をいったん総括したので、残り半年は現実課題向けの応用編に振ってもうちょっと頑張ってみるつもりです。 うーんどうなることやら。

PageTop

ハイフェッツ邦訳発売

最前線のリーダーシップが今日発売になりました。

最前線のリーダーシップ

ハイフェッツの授業をとったケネディスクールとスローンの日本人学生一同で和訳して、 竹中さんまで引っ張り込んで監訳協力いただいた力作です。

クラスメートが世界の諸問題を持ち込みあう大教室でみんなで実践と反芻を繰り返し、「水面下の衝突」「不均衡」「逃避」「攻撃」 「暗殺」「犠牲者」を目の当たりにし、複雑な消化不良感・戸惑いを残しつつも異様な生々しさをともなって頭に焼きついた独特の世界観。 1年経って、新たな次元の学び(と苦痛)を日々もたらしてくれるTA仕事。留学中のぜいたくな時間感覚、人間関係、 心理状態でこそゆっくり消化できるものの、日本で現実に対峙する読者諸氏がこんな思考に触れてどんな感想とくに違和感をもたれるか、 とても興味あります。ご関心のある向きは是非。

PageTop

演ってきた話

「もし、よかったら、ちょっと頼みがあるのだけど」・・・デボラ・アンコナ教授が遠慮がちに訊いてきたのは、2週間くらい前だろうか。

デボラはMITリーダーシップセンターの所長で、夏にやったSTeLA (日米の理系学生向けのリーダーシップ集中研修)のプログラムデザインを手伝ってくれたり、今は修論のアドバイザーをやってもらっていたり、 とてもお世話になっている人。何事かと思えば、リーダーシップセンターのアドバイザリー・カウンシル向けに一発プレゼンをぶってくれないか、 という依頼。センターの研究・教育活動の「成功事例」としてSTeLAのことをしゃべってくれ、という話だった。

リーダーシップセンターはSloanの中でリーダーシップの研究と教育を担っている組織で、 ピーター・センゲとかトーマス・マローンをはじめMITの組織論、行動科学、システムダイナミクス関係の立派な先生たちが名前を連ねている。 とはいえ、ハーバードでこれに相当する組織(Center for Public Leadership、ハイフェッツ教授が創始者)に出入りするようになり、授業運営に携わるようになった今思えば、 全学的に資金が潤沢なハーバードに比べてMITのは門構えもサポート人員も(たぶん研究資金も)なんとも心許ない。 同じMITでもファイナンスなんかを扱ってる部門は景気がいいし、昔ちょっと縁があったアントレプレナーシップセンターだって、 VCが集まるから羽振りがよかったのも頷ける。リーダーシップは確かに厳しいよなあ、大学も物量がものをいう世知辛い世界、、、 とおもっていたところだった。

MITリーダーシップセンターのアドバイザリー・カウンシルに入っているのは、MITコーポレーション (非営利法人MITの持ち株会社?みたいなところ)のチェアマンとか、通信会社、投資銀行、航空会社、 ハイテクメーカーの前CEOとかベンチャーキャピタルのマネージングディレクターとか、MITにゆかりのある重鎮ばかり。 こういう人達に業績を説明するということは、センターへのリソース投入と業容維持・拡大に関わる大事な話に違いない・・・。 お歳を召した方々にプレゼンするのは、仕事上それなりに慣れている。多少の恩返しができれば、と二つ返事で引き受ける。

続きを読む

PageTop

STeLA Leadership Forum 2007 in Tokyo

アナウンス、というかもう終わってしまったのですが、 表題の企画で先週いっぱいから今日まで代々木オリンピックセンターに缶詰になってました。

企画趣旨は、MIT、Harvard、東大、東工大、慶應あたりの理系大学院生を40人東京に集めて、 21世紀の科学技術を担うリーダー人材を育てようというもの。講義、討論形式のリーダーシップ研修素材と、企業のラボや工場見学、 チームで結構手の込んだ装置作成プロジェクトに加え、尾身財務大臣(元・科学技術政策担当大臣) をはじめ科学技術にかかわる著名人をゲストに招いた10日間のハードコア強化合宿企画。科学、工学系の学生に加えて、ビジネス、 政策等幅広なバックグラウンド、出身国は11ヶ国に渡る参加者・主催者を日米の大学から集め、 1年半かけて運営母体の組織作りからスポンサー集め、内容の練り込みを続けてきたスタッフの努力が結実。予想以上の手応えと反響が得られて、 なかなか感慨深い。

続きを読む

PageTop

最近の名言集

最近、目を覚まさせられた言葉集。

--- メディアラボの石井先生に相談に伺った時のアドバイス。NHKのプロフェッショナルで言ったことの延長。

1) 高パフォーマンスをドライブするのは飢餓感である。これは原体験からくるもので、どんなに学生を厳しく指導しても、 飢餓感だけは教えられない

2) 苦痛を楽しむくらいの変態、マゾでないとやれない仕事がある。生まれながらにそうである人は少ない。自分を改造できた人、 自分を駆り立て続ける内燃エンジンを作った人だけにできること。屈辱感、謙虚でもこれだけは譲れないというプライド、 といった動力がないとできないこと

3) 理系だとか、専門の分野はこれだとか、教授になりたいとか、自分にラベルを貼ったら終わりである。リーダーシップ、 マネジメント、クリエイティビティ、これらは全部、ラベルを貼れてしまうようなものの外。 自分をどこにポジションするか考え抜くこと

4) 異分野にしても、大学と企業にしても、一緒にやろうと思ったら、外のすべての言語を理解し、しゃべれないといけない。それは、 相手を心から尊敬してはじめてできること

5) 人を育てることは、手取り足取り指導することじゃない。自らヘンな人になって、背中を見せ続けるしかない。 上のようなことを期待しても、ほとんどの人は結局つぶれてしまう。突然変異を起こす人が1/100でも出ればよい、 と思って臨むべき

--- 東京の幻の先輩T氏がめずらしくはっとした、科学者魂

湯川秀樹が梅原猛に言った言葉。

「私は少年時代から、心に暗いものをもっていたのです。何をしても面白くなかったし、 自分は全くの無能力な人間であるという劣等感に悩まされたこともあります。そして、そのようなペシミズムは、 ずっと私を離れなかった。私が中間子の発見をしたのも、何か大きな仕事をしないと、 この心の奥底にあるペシミズムとバランスがとれないからです。」

「学問というものは、偏見を増すことである。一つの知識がふえれば、それだけ偏見がふえる。しかし、新しい発見をするには、 その偏見から自由にならねばならない。だから、創造的天才というものは、一方で知識の量をふやしながら、 一方で偏見から自由になるという、相矛盾するごとが出来た人なのです。」

「いや、あのころは、いわば物理学のロマンチックな時代です。学問は、ロマンチックな時代とアカデミックな時代があり、 今はアカデミックな時代です。今、君のやっている日本学は、ちょうどロマンチックな時代です。大いにがんばりなさい。」

--- ジュネーブ在住元同期が、パリの大先輩YY氏から聞いてきた組織論

「人、その性善なるも、怠惰なり」
-性善説、性悪説の二元論で人の組織行動は捉えられない
-性怠惰説に基づいた人を「駆り立てる仕組み」のデザイン

「人は悪気ではなく組織の換骨奪胎する」
-みんなそこかしこに「小さな幸せグループ」を作り安住している
-トップの思いとは別に「小さな幸せグループ」を壊したくない
-「冷たく厳しい」新組織を慣れ親しんだ組織に戻したい

PageTop

利根川語録

今日は、とあるプロジェクトの相談のためMITの利根川進教授を訪問。お忙しいところ2時間も割いていただき、 おおいに話が盛り上がりました。

プロジェクトの中身の議論もさることながら、その趣旨に強く賛同し、応援してくれ、 取り組み姿勢についてたくさんの助言をもらいました。スローンによく来る下手なビジネスリーダーの講演よりよっぽど、触発されるところ大。 特に印象に残った言葉をいくつか、書き留めておきます。

 

・日本を出て、世界を見て、Diversityに触れろ。できるだけ早く独り立ちしろ

・ブレークスルーを起こす能力は、クリエイティビティと経験値の和。どんなに経験が増えても、 この和でみると30代前半にピークに達して後は衰えるだけ、ということが脳科学の研究からわかっている。この時期に、 下働きやレールの上を歩く人生でなく、自分で決めて自分で動いているかどうかで後の成果が決まる

・大事なのは問いに早く答えられる能力でなく、他に誰も答えられない問いに答えられる能力、さらには、 そうした正しい問いをFormulateできる能力。そんな問題に取り組むからには、失敗ばかりするのは当たり前。 失敗にめげないことも大事な能力

・結局のところ成功する人というのは本当にやりたいこと、やってて楽しいことをやっている。これと決めたら、 世界中で自分のやりたいことに最も近いことをやり、最も進んでいる人の近くに身を置いて学ぶこと。それは、 他のいろんなものを捨てないとできないことだ。そこでリスクをとれるかどうか

・化学をやっていた学部生時代、先輩が勧めてくれた1本の論文で分子生物学に道を変えることを決めた。 当時は日本でやっている人が誰もいなかったのでアメリカに来た。がんウィルスの研究をしていたポスドク時代、 「これからは分子生物学の人が免疫学に行くと面白い」という恩師のひと言を信じてまた道を変えた。最初に読んだ論文は後でノーベル賞を取り、 恩師の研究室からは3代で8人のノーベル賞が出ている。最高水準との巡り合いには運も大きいが、求めてはじめて巡り合えるもの

・とはいえ、働きすぎはダメ。ひたすら、がむしゃら、リニアな思考でなく、一見ムダに見えることをやる、遠回りしてExtra gainを得る、という考えも持つべき。多くの日本人と同様、自分もがむしゃらにやってきたし、下にもそれを求めてきたが、最近、 歳をとってはじめて違うと分かった。おもしろくなさそうな所にこそ驚きがある

PageTop

高校生と

今日は、日本の高校生と食事という一風変わった企画に参加。

MITを見学しにやってきた理系志望の高校生に先端の研究内容や留学生活を紹介するという趣旨で、 高校生の集団100人を相手にMIT日本人会から10名強が出陣。流体力学、航空宇宙、医療工学、植物学、等々専攻の顔ぶれが揃う中、 ビジネスなんて一風変わったヤツが混じっていても面白かろう、ということで、末席に加えていただいた。

テーブルに着くと、どうやら高校生の皆はあらかじめMIT出席者のプロフィールを見て、話を聞きたい相手の目星が付いている様子。 興味分野がハッキリしている人は然るべき専攻の相手を囲み、僕のところには跳ねっ返り者や何かしら迷いがある子、 1つの分野に絞りきれない子が集まったように見える。それにしてもよく調べ、よく考えている。 高校で覚えたのは麻雀くらいな僕みたいのよりずっと立派だ。それやりたいんだったらさあ、とコンサルしたくなるのは職業病か。

果たして参考になる話ができたかどうか、むしろ自分を振り返るいい機会を貰った気がする。高校からちょうど10年、 ぜんぶ行き当たりばったりながら、今のところ縁と運に恵まれて楽しくやってこれたと改めて思う。次の10年で何するか、 そろそろ真面目に考えないと。

サイズ変更2005-08-24 002

こうして見ると、自分もまだまだ高校生みたい・・・って、無理か。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。